心・身体への効果

香りの情報は鼻から大脳辺縁系へそして大脳皮質へと到達します。
嗅覚以外の感覚情報である視覚、聴覚、味覚、触角は、まず大脳新皮質(新しい脳)へ行き、それから古い脳である大脳辺縁系に到達するのですが、鼻から入った嗅覚情報は、
嗅細胞から電気信号に変換され、この2つの脳のうち「感情を作りだす大脳辺縁系に直行し直接入る」ことです。
感情の発信地である大脳辺縁系と嗅覚の間には、嗅神経によって直接結合しています。このため嗅覚は、他の感覚に比べて感情に訴える割合が速く、しかも大きいのです。

ストレスを減少させる

香りは鼻や口から肺、肺胞へと取り込まれ、肺胞の粘膜から血液の流れにのって全身へめぐります。精油を嗅いだあと20分くらいで血液の中に精油の成分が検出されるのです。1990年、当時の農林水産省が行った実験では、ストレスにより増加する副腎皮質ホルモン・コルチゾールが、森林浴(森林の精油成分を呼吸により身体に取り入れること)により減少することが明らかになっています。また、共立女子大学の神山教授らは、森林の中では脳の中枢活動が活発になっていることを確認しています。

 

香りで眠る

ロンドンのある老人病院で睡眠薬の代わりにラベンダーオイルが使えるかどうか実験が行われました。ラベンダーオイルには鎮静効果があることが知られています。
睡眠薬を常用している老人について、一日の睡眠を6週間以上観察しました。はじめの2週間は従来どおり睡眠薬を投与し、次の2週間は薬なし、そして最後の2週間はラベンダーオイルを用いました。芳香ランプを使って、病室をラベンダーの香りで満たすのです。その結果、ラベンダーオイルを用いてから夜間せん妄がなくなり、眠りも深くなるなどの効果が認められました。また昼間うとうとするといったことも少なくなり、睡眠の質の面でも改善されたことが確かめられました。
アロマテラピーを始めてからラベンダーの香りで自然な夜の睡眠が得られたという結果を得られました。

 

香りの力で免疫力を上げる

アロマテラピーの効用の一つに免疫系の機能を高めるということがあります。免疫とは体の外から入ってくる無数のウィルスや細菌と戦い、体を守っているもの。血液の中の白血球やリンパ球などもその一つです。
いくつかの精油は侵入してきた細菌やウィルスをやっつけるリンパ球の生産を促進する作用があることが確認されています。

 


監修者
中村裕恵・プロフィール
http://be-oneself.co.jp/thc/

東京女子医科大学卒業。同付属病院消化器内科、国立東京医療センター総合診療科を経て都内クリックに勤務。主な著書に「医師が教える自然療法 症状別セルフケアバイブル」(河出書房新社)など。
日本内科学会認定内科専門医

協会&本部校

サロンドフルールイコア 本部校

日本プリザーブドアロマフラワー協会  心に潤いや癒しを与える香りのプリザーブドフラワー、アロマ香水、ハーバルケアやアロマセラピーの資格をでゆったりと資格を身につけていただけるスクール(サロン)です。

日本プリザーブドアロマフラワー協会

日本プリザーブドアロマフラワー協会香りのプリザーブドアロマフラワーのギフト、ブーケをギフトコミュニケーション、心に残るウエディング等社会に役立つために広めています。

日本ハーバルアロマソサエティ

日本ハーバルアロマソサエティ生活の質の向上や心身の健康管理のためのハーバルケアやアロマセラピーを社会に役立てるために広めております。

Copyright(c) 2014 aroma parfume meister association of japan. All Rights Reserved.